学校心理士になろう!学校心理士の業務内容とは?

学校心理士というのは何か?

学校心理士は、学校などの教育機関で活躍する心理カウンセラーです。学校心理士は、生徒を相手にカウンセリングやコミュニケーションを行うのですが、生徒だけではなくて、教師や保護者に対してもアドバイスを行うことがあります。学校心理士というカウンセラーは、1997年から誕生したのですが、現在で約6300名の学校心理士がいます。さらに、キャリアアップを目指したい方には、学校心理士スーパーバイザーという上級職もありますので、将来的には学校心理士のプロフェッショナルとして活躍することもできます。最近の学校環境はとても複雑なので、学校心理士の需要は年々高まっています。将来有望な職業だとも言えます。

学校心理士はなぜ誕生したのか?

学校心理士というのは、いじめの被害に遭った生徒やクラスになじめない生徒を相手に、その解決のためのサポート業務を行います。小中学校での不登校を者というのは年々増加傾向にありますので、学校心理士の必要性も年々高まっています。また、学習障害やADHDなどの障害を抱えている生徒に対するケアも必要になりますが、教師だけでは限界があります。また、生徒側も教師には話せないことでも、学校心理士に対しては話せるということもありますので、中立的な立場でいることが多いです。また、最近は悩みを抱える教師も増加傾向にありますので、教師のメンタルケアのためにも、学校心理士は必要です。学校心理士は主に小中学校や高校などの教育機関で働いている方が多いです。

学校心理士になるためには?

では、学校心理士になるためにはどうすればいいのかですが、心理学科系の大学を卒業し、大学院に進学したり実務経験を積んで初めて受験資格があります。なので、他の心理カウンセラー系の資格に比べると難易度は高くなります。また、学校心理士になるためにかかる費用は8万円以上になります。学校心理士は、文字の通り教育機関に特化したカウンセリングを行いますので、教職員との連携が必要不可欠です。なので、普段から教職員とコミュニケーションを取るようにして、情報交換をすることも大事です。また、発達障害の生徒のケアも求められますので、高度なカウンセリング技術を習得する必要があります。

メンタルケアカウンセラーとはどんな職業なのか?

メンタルケアカウンセラーとは?

一概に心理カウンセラーといっても、たくさんの種類のカウンセラーがいます。その中でも、メンタルケアカウンセラーというカウンセラーは、どのようなカウンセリングを行うのでしょうか。メンタルケアカウンセラーというのは、生活環境の中でストレスを受け、それに伴う心の病気になることを防ぐためのサポートを行うカウンセラーです。なので、心理カウンセラーの中でも、そこまで専門的な知識は要求されませんが、やはり心理学の基礎はしっかりと習得しておく必要があります。メンタルケアカウンセラーになるためには、カウンセラーとしてのコミュニケーション能力が必須なので、普段から積極的に人とコミュニケーションを取るようにしましょう。

メンタルケアカウンセラーの資格について

メンタルケアカウンセラーになるためには資格が必要なのは当然ですが、メンタルケアカウンセラーの資格は、数あるカウンセラーの資格の中でも取得は簡単な方です。なので、初めてカウンセラー系の資格を取得する方であれば、ぜひメンタルケアカウンセラーから取得するといいでしょう。現代は、環境の変化によって鬱状態になる方も少なくありません。メンタルケアカウンセラーは、そのような症状になることを未然に防ぐために、どのようにしてメンタルをコントロールすればいいのかをアドバイスする立場です。適切なメンタルケアを行うことによって、相談者を良い方向に導くことが可能になります。

資格を取得するにはどうすればいいのか?

メンタルケアカウンセラーの資格を取得するためにはどうすればいいのかといいますと、基本的には認定試験はなく、メンタルケア学術学会指定の講座を受け、一定基準以上の知識があると判断されたら誰でもなることが可能です。この講座自体も特に制限はなく、誰でも受けることができます。ただ、一定の知識があることを示すために、課題などが出されますので、それをクリアする必要はあります。メンタルケアカウンセラーは、その資格自体にはそこまで価値はありませんが、職場や学校などで円滑なコミュニケーションを取るためにはとても適している資格です。心理学の基礎知識を学ぶついでに習得すれば、仕事もコミュニケーションもとても良好なものになるでしょう。

心理カウンセラーの通信講座の特徴とは何か?

通信講座で資格取得

最近は心理カウンセラーがブームなので、通信講座や養成講座がとてもあります。学生のうちから大学の心理学を専攻している人であれば、通信講座は受ける必要はありませんが、社会人の方が心理カウンセラーを目指す場合であれば、専門学校に通う時間もなかなか確保できませんので、そのような通信講座がとても役立ちます。心理カウンセラーの通信講座というのは、年々需要が増してきており、種類もたくさんあります。なので、一昔前よりも心理カウンセラーになるための環境は良くなってきていると言えます。あなたも心理カウンセラーを志しているのであれば、ぜひ通信講座を利用してください。

通信講座のメリットは何か?

では、心理カウンセラー関係の通信講座を受講するメリットは何があるのかといいますと、やはり一番のメリットとしては、自分の好きな時間に勉強ができるということです。本業を抱えながら資格取得の勉強をするのはとても難しいことです。なので、専門学校に通いたくても通えないという人には、通信講座は大人気です。通信講座であれば、自宅で自分のペースで学習することができますし、外に出なくてもいいので、忙しくて専門学校に通う時間が無いという方には最適です。さらに、専門学校に通うよりも費用が安いので、経済的にも有利です。また、最近の通信講座や養成講座は、内容がとても充実していますので、今から通信講座を受講する方でも安心して受講することができます。

通信講座のデメリットは?

では、通信講座のデメリットは何かといいますと、自宅で一人で学習するので、モチベーションを上げるのが難しいということです。一人なので、サボっても叱る人が誰もいませんので、いくらでもだらけることができます。専門学校に通う場合であれば、同級生や講師から刺激を受けることがありますが、通信講座だとそのような刺激を受けることは困難です。なので、意志が強くないと途中で挫折することがあります。ただ、最近はSNSが発達していますので、例えば心理カウンセラーを目指している人が集まっているコミュニティなどに属することによって、色々と情報交換も可能です。モチベーション維持のためにも、ぜひそのようなコミュニティを利用するといいでしょう。

心理カウンセラーに向いているのはどのような人か?

心理カウンセラーには向き不向きがあるの?

心理カウンセラーというのは、最近ではとても需要のある職業なのですが、やはりどんな職業にも言えることですが、向き不向きがあります。では、心理カウンセラーには、どのような性格の人が向いているのでしょうか。心理カウンセラーというのは、人の悩みを聞いて解決してあげることが仕事なので、やはり世話好きの人に向いていると言えます。どれだけ人の役に立ちたいと思っているかが、とても重要だということです。なので、単純にビジネスライクに心理カウンセラーとしての仕事をこなす人よりも、たとえ新米カウンセラーであっても、相談者の悩みに向き合えることの方が重要です。なので、あなたが心理カウンセラーを目指しているのであれば、まずは自分が世話好きかどうかを自問自答するといいでしょう。

過去に悩んだことがある

最近はたくさんの心理カウンセラーがいますが、やはり人の痛みをわかってあげることのできる人でないと、悩みを解決してあげることは難しいと言えます。過去にいっぱい悩んできたからこそ、悩める人の気持ちがわかるとも言えます。何も悩んだことが無い人よりも、悩みを解決してきた人の方が言葉に説得力がありますし、相談者としてもそのような人の方が安心して相談できます。また、カウンセラーの多くは、過去にカウンセリングによって悩みを解決してきました。だからこそ、自分も心理カウンセラーになって、多くの人の悩みを解決してあげたいと考えています。このように、過去に悩みを抱えてきた人というのは、人の悩みを解決するのに積極的なので、心理カウンセラーには向いていると言えます。

何かに一生懸命取り組める

やはり心理カウンセラーといっても仕事の一つなので、向いている向いていないも大事ですが、一生懸命取り組めるかどうかも大事なことです。だから、飽きっぽい性格の人は向いていないかもしれません。一つのことに、一生懸命取り組むことができる人が向いています。また、心理カウンセラーというのは、クライアントのセンシティブな問題を共有しますので、いい加減な態度でカウンセリングされてもクライアントは困ってしまいます。たとえ新人のカウンセラーであっても、一生懸命悩みを解決しようとしていれば、クライアントは安心して相談することができます。

心理カウンセラーになるためにはどうすればいいのか?

学生が心理カウンセラーになるためには?

心理カウンセラーになって、悩める人達の役に立ちたいと思っていても、実際にどうすれば心理カウンセラーになることができるのでしょうか。例えば、学生の方が心理カウンセラーを目指すのであれば、大学では心理学科などの心理のことを学ぶことのできる学部・学科に進学することが一番の近道です。さらに、もしも可能であれば大学院まで進んで、より專門的な知識を習得するといいでしょう。在学中であれば、その道に詳しい教授の研究室に入ることによって、心理カウンセラーとしての様々な知識を習得することができます。できることなら、博士課程まで進んでおけば、心理カウンセラーとしての道もより開けてきますので、もしもより深く学びたいと思っているのであれば、ぜひ頑張って進学してみましょう。

社会人の場合はどうすればいいのか?

学生の場合であれば、このようにして進学すればいいのですが、例えば社会人の場合はどのようにして心理カウンセラーになればいいのでしょうか。お勧めとしては、心理カウンセラーとしての知識を学ぶことができる専門学校に通うことです。そうすれば、働きながら知識を学ぶことができます。学生のように時間的な余裕は無いかもしれませんが、例えば大阪には、大阪バイオメディカル専門学校?などの優良な専門学校がありますので、きちんと学ぶことによって、学生とは違って社会経験を積んだ心理カウンセラーになることができます。大学で学ぶことは、あくまでも教科書的な事柄になりますので、実践的なカウンセリングに向いていないこともあります。決して学生の方が有利というわけではありませんので、安心してください。

電話相談をやってみよう

学生でも社会人でも、まずは人の悩みに乗ることから始めるといいでしょう。やはり、いくら学校や通信講座で知識を詰め込んだとしても、実際に知識を使いこなすためには、人の相談に乗ることが一番手っ取り早いです。そのためには、電話相談から始めてみるといいでしょう。電話相談は、最近特に需要があります。現代は悩みを抱えている人がたくさんいますので、悩みを聞いてあげる人が必要なのです。アルバイトとして電話相談することもできますので、心理カウンセラーになりたいと思っている方は、まずは電話相談から始めてみるといいでしょう。

【広告】メディアでも話題の心理カウンセラー

学生はもちろん社会人から心理カウンセラーを目指すなら
業界トップランナーとして18年の実績と信頼がある日本心理カウンセラー養成学院。
受講生アンケートによる教え方満足度は91.5%
学ぶ種類の豊富さや実践練習の多さを実感いただけます。
参加無料の体験入学説明会随時開催中!